日本酒「梵」 福井県鯖江市の幻の酒
日本酒ランキングでの高い評価 ありがとうございます
日本の酒文化「梵」蔵元日記帳
日々の蔵元の感じたことや酒造りのことなどをご覧下さい
削除 更新
2010年03月05日

大きい画像 大きい画像 大きい画像

2月28日〜3月3日(NY 現地時間)
NYにあるジェービッツ・コンベンションセンターにおいて開催されたインターナショナル・レストランショーに日本酒の酒蔵としてブース出展するため、NY入り致しました。

NYは、数日前より記録的な大雪。当蔵のある北陸・雪国福井県の今より雪が多く、寒くて驚きました。そんな中、レストランショーには、昨年以上の沢山の入場者があり、対応にてんてこ舞いでしたが、今回は、うちのブース担当の女性・小林様(中央写真・中央 NYの、なんと女優です)に、大変助けられました。私は結構無口でシャイな上、今回風邪ぎみだったので、彼女の流暢な英語の説明でしっかりとPRして頂きました。
そんなショー2日目には、誠に幸運なことに「梵」がアメリカのNBCテレビの取材を受けました。報道内容はどうなるかは聞いていませんが、アメリカでの放映がとても楽しみです。

私は今回も毎日、レストランショーの後、限られた夜の時間に、出来るだけ多くのお取扱い店様を表敬訪問致しました。右写真は、「蕎麦トット」様という、焼き鳥の超人気店様で、日本国内の焼き鳥かそれ以上に抜群(焼き方も味も)の焼き鳥に思わず感嘆してしまいました。NYでは、このお店はじめ数多くのお取り扱い店様で、スタッフの皆様がお客様に「梵」の商品をしっかりとプレゼンされていて、誠に有り難いことに、すべてのお店で人気となっていました。

日本酒はNYでも、レストランショーやお店などで、生きるも死ぬも、スタッフ次第だと改めて確認できたNY出張となりました。皆様のご期待に負けないよう、当蔵はこれからも、無添加の純米酒造りに、真摯に全力で頑張って参りたいと存じます。



メールアドレス
ご意見ご感想


美味い感動の日本酒「梵」
JAPANESE SAKE
"BORN"BREWERY
KATOUKICHIBEE SHOUTEN

合資会社 加藤吉平商店

〒916-0001
福井県鯖江市吉江町1号11番地
TEL(0778)51-1507
FAX(0778)53-1406
E-Mail : info@born.co.jp