日本酒「梵」 福井県鯖江市の幻の酒
日本酒ランキングでの高い評価 ありがとうございます
日本の酒文化「梵」蔵元日記帳
日々の蔵元の感じたことや酒造りのことなどをご覧下さい
削除 更新
2009年10月18日

大きい画像 大きい画像 大きい画像

10月17日(香港)
香港の繁華街レンマークにある、超VIP御用達ホテルとして著名な、ランドマーク マンダリンオリエンタルホテル ホンコン内にある、フランス料理の超人気店でミシュラン2ツ星を獲得しているアンバー様で、フレンチと梵の会が開催され、蔵元として参加致しました(左写真右は、豪華な案内パンフです)。

今回の会は、名人シェフとして超有名なリチャード様(右写真中央写真の私の隣)に是非にと「梵」が指名されて実現した会です。驚いたことに、香港のVIPの皆様とともに、この会だけの為に、遠く台湾や海外からご参加の著名なVIPの皆様がお越しになるなど、数多くのお酒の会で場慣れしている私でさえ、とても緊張する超VIPの皆様でした。

料理は9種類。会席料理以上に、一品一品手の込んだ、感動のフレンチとともに供されたお酒は「梵・超吟」を筆頭に、同じく9種類。4時間以上にも及ぶ会食で、私もへたな英語でお酒の説明を致しました。素晴らしい料理とのマッチングは、皆様から「ワンダフル ペアリング!」と、数多くの感嘆の声を頂きました。

究極のお料理のほんの一部だけご紹介すると、右写真右は、白トリフを目の前でかつお節のように削ってたっぷりとふり掛けた、究極のリゾットです。私が今まで生きてきて、食べたことの無い程上品で旨さ溢れるフレンチに、「梵ゴールド」が最高の相性でした。旨すぎる…。ご参加の皆様とともに最高のペアリングの連続に思わずうなってしまいました。

今回の会では、シティースーパーの酒スペシャリスト・沼田様(右写真・中央の中央)はじめ多勢の関係者の皆様に大変お世話になりました。この場をお借りして心から御礼申し上げます。有難う御座いました!

名人シェフ・リチャード様&アンバー様に「梵」が指名されたことは、まさに酒蔵冥利につきる事で、参加された皆様が最後帰られる時、「次回も是非、梵で!」と全員にリクエストまで頂きました。
まさに日本酒の無限の可能性を感じる夜となりました。

これからも純米造りの「梵」の旨さを、真摯に頑張って広めていこうと、心から改めて誓った日となりました。



メールアドレス
ご意見ご感想


美味い感動の日本酒「梵」
JAPANESE SAKE
"BORN"BREWERY
KATOUKICHIBEE SHOUTEN

合資会社 加藤吉平商店

〒916-0001
福井県鯖江市吉江町1号11番地
TEL(0778)51-1507
FAX(0778)53-1406
E-Mail : info@born.co.jp