日本酒「梵」 福井県鯖江市の幻の酒
日本酒ランキングでの高い評価 ありがとうございます
日本の酒文化「梵」蔵元日記帳
日々の蔵元の感じたことや酒造りのことなどをご覧下さい
削除 更新
2007年08月13日

大きい画像 大きい画像 大きい画像

8月11日
東京湾華火大会に、私と妻とで行ってきました。

東京の汐留にある日本テレビ本社ビルのすぐ横の、超高層ビル・東京ツインパークスに住む友人からの素敵な招待でした。
仕事を終えてから急いで電車に乗っての東京入りだったので、すでに打ち上げがはじまっていましたが、高層階から観る夜景・花火は、本当に素晴らしいもので、前面ガラス張りで、まるで自分だけの壮大なパノラマ絵のようでした(左写真)。室内を暗くした素敵な鑑賞会でした。室内ではご友人の寿司職人による、プロの本格的な寿司握りのケータリングや、手間の掛かった手作りケーキ(中央写真)・そしてプロが入れる紅茶教室等など、とても美味しく幸せな時間でした。私が差し入れした「梵ゴールド」「梵・夢は正夢」は花火とともに乾杯。皆様に抜群に美味しいと絶賛されました。本格料理・大花火と「梵」は、まさに黄金トリオですね。

8月12日
私だけ、早朝帰省して、母校・武生高校の昭和50年度学年同窓会に出席致しました。
ちなみに、インターネット業界で有名なサイバーエージェントの藤田晋社長の母校です。私と中学・高校が同じで、私はず〜っと年上の先輩にあたります。一昨年、藤田君には母校で講師になって頂いて特別授業を行っています。

帰る途中、初めて経験しましたが、米原駅で乗り換えの時、なんと、私の乗る予定の列車が無かったのです。何度も切符を確かめ、しらさぎ号の10号車だったのですが、私がホームで見た列車は8号車までだったのです…。しばらくすると、9・10・11号車が連結するためにホームに入って来て、目の前で連結(右写真)。臨時列車だったのですね…。ちょっと驚いた初めての経験でした。

同窓会は、1・2・3次会と、計10時間も飲み続け、最後はへろへろでしたが、地元や県外で元気で頑張っている同級生・友人達との再会は、私に活力を与えてくれました。ここにも、「梵」を差し入れ。皆に「とても美味しいヨ!」と言われるなど、時間を忘れたとてもとても楽しい時間でした。何年後かにも元気で再会したいですね。それまでに、もっともっと美味しい日本酒を造って皆に喜んでもらおうと誓いました。

お世話になった幹事・役員の皆様、本当にご苦労様でした。心から感謝申し上げます!




メールアドレス
ご意見ご感想


美味い感動の日本酒「梵」
JAPANESE SAKE
"BORN"BREWERY
KATOUKICHIBEE SHOUTEN

合資会社 加藤吉平商店

〒916-0001
福井県鯖江市吉江町1号11番地
TEL(0778)51-1507
FAX(0778)53-1406
E-Mail : info@born.co.jp